不安な思いを払拭し、エンジニアへの第一歩を。

パソコンを使った業務が好きだったり、ITを駆使したモノづくりに興味があったり。
様々な思いから、エンジニアという仕事を興味を持ったものの、ついて回るのが「プログラムなんて書いたことがないけど、大丈夫なのか」「未経験の人でも活躍できているのか」というような不安要素です。
このページでは、皆様が感じるであろうこれら代表的な不安要素5項目について、説明させていただきます。

・ IT知識がないけれど、エンジニアになれるの?
・ 未経験で入社した社員は、活躍している?
・ 先輩社員の紹介
・ 困った時のサポート体制
・ どんなプロジェクトに参画するの?

IT業界にチャレンジしたい!成長したい!という気持ちと、それに伴う自己努力があれば、会社は全力でバックアップします。
未経験だから…全然知識がないから…と諦めず、私たちと一緒にIT業界で活躍できるエンジニアを目指しませんか?

 

IT知識がないけれど、エンジニアになれるの?

私たちは、IT知識や技術以上に、チャレンジ精神、読解力、説明力、論理的思考等の「人間力」が大切だと考えています。
制作現場も少し前とは変わり、多くの人と関わるチームによる体制がほとんどです。技術力の高さはもちろん重宝されますが、それだけではチーム内で活躍できるエンジニアにはなれません。技術力と合わせて、「人間力のあるエンジニア」が現場では求められています。
例えこれまで全く違う業界に身を置いていたとしても、コミュニケーションスキルや交渉力、事務処理力など、身に着けたスキルがムダになることはありません。

IT知識は研修で身に着ける

外部技術研修

Webアプリエンジニアを目指す方には、プログラム言語のひとつであるJavaを使いこなすためのプログラム系技術研修を実施します。
Javaの基礎はもちろん、チームを組んでひとつの課題に取り組んだりと、実際の仕事現場で活かすための技術知識を学び、経験します。
インフラエンジニアを目指す方には、サーバー、ネットワーク、DBを総合的に学びインフラエンジニアの基礎を身に付ける基礎技術研修を実施します。
実際の機器に触れながら学べる環境ですので、多くの実機に研修のうちから触れることで、多くの経験値を積むことができる内容となっています。
どちらの研修も技術を学ぶだけではなく、チームで動くことの難しさや、情報共有の方法、プレゼンのスキルなど、IT業界で働いていくために必要となる「人間力」も同時に鍛えるような研修となっています。

基礎力UP研修(通年)

基礎力UP研修とは、ビジネスマナー、挨拶、スケジュール管理等、社会人としての基礎力を高める研修のことです。社会人基礎力テストの結果に基づき、100種類以上の研修テーマの中から足りない力を補う研修をピックアップし受講します。
エンジニアにとって「技術的スキル」はもちろん大切ですが、現場で必須となるコミュニケーション力や交渉力、傾聴力などの「人間力」の高さも非常に重要だと考えています。したがって、個々人で異なる「人間力」を一人一人ベストな形で高めていけるよう、通年で好きなタイミングに受講できるようにしています。
また、新入社員・中堅社員・役職者等ポジション別に用意されている階層別研修や、セクハラ・パワハラの基礎知識など、会社を創っていく一員として必要な知識も身に着けていきます。

チーム化で先輩と一緒に仕事をする

当社では、新人社員と先輩社員が同じプロジェクトに参画し、複数名で仕事を進めていく「チーム化」を推進しています。

チーム化によるメリットは、下記の通りです。

現在7つのグループが出来ており、最小2名、最大4名でプロジェクトへ参画しています。
案件の特性によっては、どうしても1名で参画していただくという可能性もありますが、いずれは全員がグループに所属し、働きやすい環境でスキルを伸ばせるよう、体制づくりを強化しています。

 

未経験で入社した社員は、活躍している?

自分と同じように、IT業界未経験で入社した社員がいるのか?その後、活躍できているのか?という点は、気になるポイントかと思います。
当社のエンジニア社員の約7割はIT業界未経験で入社し、現在様々な現場で活躍していますので、その一例をご紹介します。

インフラエンジニア Sさん

元々は携帯販売の代理店で販売職をしていたSさん。
勤務時はフロントでの接客や事務処理などを担当しており、約3年勤務の後、スリィ・ウェイブに入社しました。

エンジニアになりたいと思ったきっかけ

2点あります。1つは、大学の頃にプログラム言語などを勉強していたので、そういった仕事に元々興味があったこと。
もう1つは、携帯販売をしていく中で、5Gという最先端の技術に興味を持ったことです。

現在の仕事内容

とある企業の社内にて、情報システムの管理、ヘルプデスク業務、PCキッティング、資産管理等を行っています。
PCや関係機器を運んだりという力仕事があったり、社内の問い合わせに素早く対応したりと、幅広い業務をこなしています。

前の仕事との違い

不具合や故障の対応はその場に応じて、対応方法が変わってくる可能性が高いため、幅広い対応スキルが必要になってくることです。

Webアプリエンジニア Mさん

Mさんは専門学校を卒業し、一般事務を3年経験した後、留学するという夢を実現するため退職。
2年間アメリカで生活し、帰国後転職活動を経てスリィ・ウェイブへ入社しました。

エンジニアになりたいと思ったきっかけ

留学時代、シリコンバレーに住んでおり、エンジニアと話す機会が多かったんです。
そこで、実際に自分でコードを書いてみたら「面白い!」と感じたので、エンジニアになりたいなと思いました。

現在の仕事内容

電力会社向けシステム更改を行なっています。仕事内容としては、仕様書作成とテスト業務がメインです。

前の仕事との違い

事務職の時は一度覚えれば1ヶ月のルーティンが決まっていたのですが、技術職は技術や情報の流れが早いため、
日々勉強していかなかればならないことです。

 

先輩社員の紹介

困った時のサポート体制
 

年10回の定期面談

「いつでも相談においで」と言われても、自分から手を上げるのはなかなか難しい…というのが本音ではないでしょうか。
そこで当社では、年10回の面談を定期的に実施しています。上司や人事部門の社員が、実務や人間関係、キャリアなどの様々な相談に乗りますので、不安があればすぐに解決できる環境です。
特に困りごとがない時は実施を見送ることもありますし、「たまにはご飯に行こうか!」となることも多々あります。

勉強会実施

SESという仕事の特性上、様々な案件・現場を経験しているため、勉強会も頻繁に開催されています。
「○○という技術を今度扱うので、教えてほしい!」というような声から開催されることもあれば、「新人が増えてきたので、質問会を開催しよう」という先輩社員の働きかけから開催することも多々あります。
先輩後輩関係なく、お互いに情報を共有して助け合っていくという「Give&Give」というビジョンが浸透している証拠と言えます。

 

どんなプロジェクトに参画するの?

エンジニアの力は多くの業界で必要とされているため、当社も様々な業界との繋がりがあります。
業界によって雰囲気が違ったり、使っている技術や設備が異なるため、それぞれの思い描く将来像を上司や営業担当者と確認しながら、個々のスキル向上を目指しています。

案件(プロジェクト) 例

  • 金融系のパッケージシステム開発
  • 官公庁のセキュアインフラ設計・構築・運用保守
  • 大手情シス部門の業務支援
  • ECサイト開発・運用保守
  • ソーシャルゲームアプリの開発・運営・保守・ローカライズ
Copyright 2020 スリィ・ウェイブ 採用サイト